Dusk slowly but certainly transforms the city into something completely different. It makes it into a place more mysterious, with the streets seeming narrower and the office buildings towering ominously like dark castles in the distance.

夕暮れは街をゆっくりと、しかしはっきりと、まったくちがうものに変えてしまいます。 路地は狭くなり、ビルはまるで遥か遠くにある暗い城のようにそびえ立ち、より神秘的な場所になるのです。


Comprising of dark and moody, futuristic but also slightly nostalgic images of night Tokyo this book challenges the image of what can be painted with watercolors! Inspired by the atmosphere of the traditional Japanese "hanga" woodblock prints the paintings explore the deepest shadows of night Tokyo, brightly lit neon signs, reflections in glass skyscrapers and much more.

ダークでムーディ、そして未来的でありつつちょっとノスタルジックな東京のイメージがこの本の雰囲気を作っています。 これは「水彩でどこまで描けるのか」という挑戦的なテーマにもなりました。 日本の伝統的な版画にもインスパイアを受けて、東京の一番深い夜と、明るいネオンサイン、高層ビルの反射の中を探検した結果です。

This book, titled “Tokyo at Night” is my second art book containing watercolor paintings of the night side of Tokyo accompanied by short texts. I didn’t use the original “Tokyo at Night” series of illustrations about Kagurazaka but painted all of the main scenes, especially for this project.

Also, I decided on a different approach from my previous book. I did not only paint these places and buildings that I thought interesting and worth preserving. I tried to tackle Tokyo as a whole. I knew that it would be hard for me, but I didn’t want to run anymore from this huge thing I had in my head.

I tried to use the location hunting walks, painting the illustrations, and making this book as a filter to untangle and study those thoughts and feelings.

この作品集は、2018年にWeb場で公開した10枚の水彩画「東京夜行」のイラストシリーズを元に作られました。 当初の10枚は収録せず、すべて新たに描きおろしています。

また、前作(『東京店構え』)とは異なり、自分が興味をもち、描き残す価値があると感じた場所や建物を描くだけではなく、今回は東京という存在自体に真正面から取り組むことにしました。 この本の制作は決して楽しいだけではなく、しかし、東京という頭の中にある巨大な存在から逃げることもしたくなかったからです。
ロケハンや絵を描くこと、そしてこの作品集を作ること自体を、自身の想いや感情を紐解くためのフィルターにしました。


Book details:

Title: 東京夜行 マテウシュ・ウルバノヴィチ作品集II
Title in English: "Tokyo at Night"
Published on: September 20th 2019
Publisher: MdN Corp. エムディエヌコーポレーション
Language: Japanese 日本語 & English 英語
ISBN-10: 4844368567
ISBN-13: 978-4844368564
Dimensions: 9.4 x 7.5 x 0.4 inches
Pages: 160 pages

Places to buy the book >>

The whole book is bilingual - it features English and Japanese texts side-by-side.
本書は前作「東京店構え」と同じく、日本語と英語の二か国語表記です。


Apart from the main illustrations, the book contains also a talk between the animated movie director Makoto Shinkai with whom I worked on the movie “your name.” and me. We discuss the differences and similarities in how we perceive Tokyo as a city and how we represent it in our works.

メインの水彩画30点の他に、新海誠監督との対談も掲載しています。コミックス・ウェーブ・フィルムに勤めていた時に「君の名は。」などの背景を担当した際にお世話になりました。 作品の中で東京というものをどうフィーチャーしているか、この都市そのものの受け止め方について話しています。

There are also maps of the location hunting walks that we used for gathering materials and location information next to the main paintings if you want to follow our exploration of Tokyo yourself.
また、街の資料を集めるために行ったロケハンで通ったルートの地図や、各水彩画に掲載した住所をたよりに、私たちの東京での体験を再現してもらうこともできます。

For all of you who are curious how the featured watercolor paintings were made and how the whole book came to be, there is also a quite extensive “how it was made” section. I describe the thinking process behind the contents, how I chose the tools and the way I made the illustrations from start to finish.

この本に掲載している水彩画がどうやって描かれたのか、作品集ができるまでの道のりに興味がある方のために、詳細なメイキングもあります。 企画段階から、道具選び、水彩画の制作が終わるまでの長い工程をすべて載せました。